ボトックスって?副作用はあるの?気になる美容整形!

ボトックスのすごさ

医者と看護師

美容プチ整形が気になる方でも話題に上がる事が多いボトックス注射。中には、ボトックスを実際にやってはみたいけど、どのような効果が得られるのかが分からず、未だに手術が出来ないという方も多い事でしょう。その際は、ぜひ詳しくボトックスはどのようにすごいのかを知るといいかもしれませんね。ボトックスは、しわ取りなどのアンチエイジングに効果があると言われています。しかし、これだけ聞くと、人気であるヒアルロン酸とはどのように違うのか?と感じる方も多い事でしょう。では、まずヒアルロン酸とボトックスの違いですが、ヒアルロン酸注射は、出来てしまったシワを、溝の下から押し上げるイメージでしわをとります。また、水分に近い成分を含んでいる為、ハリのある肌になったと感じる方が多いようです。対して、ボトックス注射ですが、ボトックスで使用されるボツリヌス・トキシン剤は筋肉の働きを緩める効果がありますので、皮膚の下にある筋肉を水平方向に伸ばして改善するといったものです。ボトックスは、深いしわを取るには難しいですので、深いしわも気になる際は、ボトックス注射とヒアルロン酸注射を平行して行ってみてもいいかもしれません。次に、ボトックス注射のメリットをお話します。ボトックス注射のメリットとしては、緊張や過剰な動きにより生まれてしまったしわを改善出来る効果があります。また、その性質により、顔以外の場所も施術する事ができます。また、最大のメリットとしては、メスを使う必要無しに手術が出来るといった点です。例えば、ボトックス注射はエラのハリにも効きますが、実際にエラのハリを小さくする際は、エラを削る大手術を行わなければなりません。このような大手術を行った際は、とても大きい費用がかかりますし、長期間のダウンタイム(手術した箇所の腫れや痛みを落ち着かせる時間)を取らなければいけなくなってしまいます。ですが、ボトックス注射の場合は、そういった大掛かりな手術ではありませんし、ダウンタイムも殆ど必要無い施術になっています。ですので、簡単に施術を行う事が出来るのです。しかし、気を付けなければ行けない点もいくつかあります。それが、定期的にボトックス注射を受けなければ効果を継続できないことと、仕上がりの良さが医師の腕にかかっているという点です。ですが、ボトックス注射は効果の継続期間が半年~1年間となっています。逆に言えば気に入らなければ、効果が消えるのを待てば元通りになるという事ですし、最初からカウンセリングなどでボトックス注射の件数が多い医師に施術をお願いすれば、副作用や失敗を心配しなくてもいいという事です。ですが、必ずしも副作用が起こるとは限りません、過去に、ボツリヌス菌による食中毒になってしまった方は、ボトックスを行った際に副作用が起こってしまう可能性もあります。もし該当するのであれば施術を受ける際は、医師に相談し、その上でボトックス注射をお願いすると良いでしょう。そうする事で、副作用や万が一の事を防ぐ事が出来ますよ。

Copyright© 2019 ボトックスって?副作用はあるの?気になる美容整形! All Rights Reserved.