ボトックスって?副作用はあるの?気になる美容整形!

医者と看護師

ボトックスのすごさ

美容整形が気になるという方の中には、ボトックスの凄さをまだ分からないという方もいるかもしれません。ボトックスは、しわを取ったりアンチエイジングになります。ボトックス注射の件数が多い医師に依頼をすれば、副作用の心配が無いでしょう。

詳しく見る

女性

ボトックスの副作用

ボトックスには、様々な副作用が存在しています。眉が不自然に上がってしまったり、顔が不自然に膨らんでしまったり、といった副作用です。副作用は、医師とカウンセリングをしっかりと行う事で回避できます。

詳しく見る

注射器

重要な事

美容外科でボトックスを入れる際、下調べが必要になります。しかし、口コミには嘘の情報のものが紛れている可能性があります。ですので、まずはご自分の目で確認したほうが良いです。カウンセリングは、2~3ヶ所行ってみるのが良いでしょう。

詳しく見る

ボトックスとは

注射器

ボトックス、という言葉を知っていますか?中には、周囲の方が行っていたから知っている、ボトックスに元から興味があるという方もいる事と思いますが、ボトックスを知らない方にどのようなものかを説明しますと、ボツリヌス菌というものから、毒素を取り除いたものをボトックスといいます。毒素と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、毒性は取り除かれている為、ボツリヌス菌の毒性による副作用などはありません。ボトックスは、筋肉に作用する成分が含まれています。どのように作用するのかというと、筋肉の働きを弱めてくれます。ですので、顔はもちろんですが、様々な所に使用出来る、というのがボトックスです。ボトックスは、注射器で顔や、施術したい箇所に注入する近年人気のプチ整形です。しわ取りも出来るため、アンチエイジングの為に行う方も一定数いらっしゃるようですが、中にはエラの発達しすぎてしまった筋肉に注入して小顔になる手術を行う方もいらっしゃるようです。また、ボトックスはおでこやエラなどだけではなく、汗腺の働きも弱めてくれるようです。なので、手のひらや足の裏にたくさん汗をかいてしまう多汗症、ワキの下の汗腺の動きが発達している為に起こるワキガなどの効果も改善出来ます。また、筋肉の働きを弱める性質を使い、ふくらはぎの引き締めにも利用されます。このように、ボトックスは顔だけでなく、全身の様々な所に使えるのにも関わらず、副作用は殆どないのです。ボトックスと一口に言っても、実は様々な製品があるのを知っていますか?ボトックスの際に注入されるボツリヌス・トキシン製剤は、実は様々な国の会社から発売されているのです。ボトックスは、効果が半年ほどしか持たない為、効果を維持するためには続けて打つ必要があります。しかし、打ち続けると抗体が出来てしまうものです。しかし、中には抗体ができにくく、何度も打つことが出来るボトックスも存在しています。また、製造コストを押さえているため、安くボトックス注射を行う事の出来るボトックスもあります。このように、ボトックスと一口に言っても様々なものがあるため、美容外科ではどのボトックスを取り扱っているのかを調べてみるのもいいかもしれません。なるべく品質が安定しているボツリヌス・トキシン製剤を使用している美容外科だと安心して施術を受ける事ができます。現在はボトックスが、かなり件数の多いプチ整形だと言っても良いでしょう。中には、手軽に出来るからこそ、本当は副作用が酷い施術何じゃないか?と考える方もいるかもしれませんが、簡単だからこそ、お手軽に、メスを使わずに綺麗になるならやっておけば良かったと考える方が多いのも事実です。ボトックスは簡単な上費用が安いのもボトックスの1つの特徴です。まずは、美容外科にカウンセリングに行ってみると良いでしょう。

Copyright© 2019 ボトックスって?副作用はあるの?気になる美容整形! All Rights Reserved.